Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Twitter

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

日記とか

たのしい日々のきろく
USTREAM0531 backspacepass
平沢進のトークライブ?
雑談配信。
後で見るため貼っておく。

便利な時代になったものです。



Broadcast live streaming video on Ustream
| 音楽 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Nine Inch Nails@新木場スタジオコースト 20140226

新譜からの曲がなかったが、好きな曲も多かったので楽しかった。
右側後方で鑑賞。

Reptileがとても好きなのでフジに続いて嬉しい。
March Of The Pigsで、来れて良かったなあとしみじみして涙が滲んだ。わりと荒ぶった曲なので、普通泣くところではない。さらに隣では夫が直立不動で怖い顔をしていた。(もともとそういう聴き方なのと、眩しかったから)多分周りの迷惑にはなっていないが、私らのようなリスナーは本当は2Fの方が良い。
28日の追加はなにがあるかな。セットリスト楽しみ。
| 音楽 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
平沢進 Interactive Live 2013 ノモノスとイミューム(2日目/3日目)
注)演出に関するネタバレ含みます

インタラクティブ・ライブは数種類のエンディングが用意された物語に沿って進む。途中で会場内の観客や、インターネット経由の参加者(今回はドナーと呼ばれた)の選択の影響を受けて、曲目や話の展開、結末が変わるというもの。途中でゲームオーバーになるとストーリーが中断され音だけのライブになってしまうようなので、真剣にやらざるを得ない。

2日目は会場で、3日目はUSTREAMで観た。



■1/25(金)
半休をとらず、18時定時で19時開演に向けてダッシュという暴挙。

東横線ホームからどの位置で降りるかとか、渋谷駅から徒歩では間に合わないのでバス停の位置を事前に綿密に調べるなど無駄な労力を費やす。
努力の甲斐があり開演2分前に着席。ああよかった。


定刻に開始。
突然おかしな空間に閉じ込められ、日記らしいものを書きつけるヒラサワ。
ここで、ノモノス、イミューム、サファオンなどの言葉の説明。

自分の中だけにある世界観を、短い間で聴衆に理解させ、取り扱わせる説明能力って羨ましい。
最初は何言ってるのか全く分からなかったが、一応私の理解。

ノモノス =ただそこにある、意味を持たないもの。ノモノス。
イミューム=「花」と呼ばれるものだが、知られていない役割がある。
人間の個人的・集合体の意識(サファオン)の影響を受け、物語を作る(これから起こる事象を決める)。ノモノスは物語が変わることで何者かに変化する。魚の骨、通貨、場合により有害なものへ。
今回は、ある植物園のノモノスが爆発物に変わってしまったため、一時的に時間を止められた世界。
植物園のノモノスを「Source(ソース:起こることすべての可能性の在処)」へ返し、代わりに何の影響も受けていないノモノスを手に入れ元の場所へ置くのが今回の話の目的。


一応用語解説と物語
http://2013.interactive-live.org/story.html


つつがなく進み、最初の分岐が発生。

従来は歓声の大きさで左右の分岐が決まっていたのでそのつもりでいたら、
ステージから客席へ伸びる2本のレーザー光を弦に見立て、皆に渡された球体をもって弦をはじき、右側か左側どちらか先に5回奏でられた方が選択されるという。
どんな演出かな〜とのんきに考えていたら、本当にステージ上からでっかいバルーンが客席へ放り込まれた。バレーボールのようにして弦を通過させろということ。驚いた。これではどちらか行きたい方向があっても選択できない事態も起こる。
2階席だったので見ているだけだったが、バルーンの飛んでいる付近はキャーキャー言っており必死そうだった。
あとで知ったが1日目はバルーンが弾けてしまったらしい。あせっただろうな。ちゃんと予備がきたそうだ。

2度目の分岐。途中のルートは1日目と異なったようだけれど、同じエンディングだった様子。
殺虫剤を両手に持ち無表情でかっこいいポーズをとりつつ客席にかけるという
なんか世界タービンの頃を想起させる既視感があってお得な気分に。

物販を見たかったのだが行列があまりにも長すぎて断念。
「もやし」で食事して帰宅。


■1/26(土)
開園は18時半からだったが19時頃からインターネットに接続。
まず、特設サイトにつながらない。
これではノモノスの解明作業に参加できない。

ノモノスの解明作業とは、ライブ中では分岐の発生する頃、10分間で
謎解きと回答をするもの。誰も答えが分からないとゲームオーバー。
しかし私はサーバ混雑で作業室までは入れたものの問題の画面まで進めなかったので断念。
USTREAMでのライブ中継だけ楽しんだ。

1日目と2日目は音声がなかったり、ずれたりしていたそうだが3日目はとても快適だった。
ノモノス解明はできなかったけど、「サファオン提供」というアンケート形式のフォーム送信は
できたので、参加気分は味わえた。
途中少しの間サーバ障害でエラーが表示されたときはUSTREAMのタイムラインが不安の声で埋まったりして、ライブ会場とは違った臨場感があって面白かった。サファオンが足りないとゲームオーバーだから・・

1日目〜2日目のエンドは、元の世界に戻れたときには果物が腐っており、大量のハエを退治するというオチ。
3日目は聴衆の意思もあって別のエンドだった。グッド・バッド・その他とあったそうなので、その他だったのかな?
元の世界ではなくパラレルワールドのような・・果物ではなくハンドマイクに変化したノモノスをつかまされ、歌謡ショーのようにハンドマイクで歌わされるヒラサワ。

ハンドマイクで歌ってるだけで大喜びされる様子というのは内輪ウケ臭がしないかと思わなくもないけど、基本的にステージ中央でレーザーハープや機材を操りながら不動で歌うのが通常の彼が、ハンドマイクで直立して歌うのはやっぱり面白かったです。蝶ネクタイの衣装なんて珍しいなーと思ってたけど、このためでもあったのか・・・

----
日曜になり、余韻が楽しくて前回の「点呼する惑星」のDVDを見たりしてすごしました。
ほんとに素敵な兄さんだな。おじさんだけど。


準備がとても大変だと思うけど、またやってほしい。

| 音楽 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユニヴェル・ゼロ(Univers Zero)
ベルギーの室内楽ロックバンドという予備知識しかなくライブにいきました。

・バイオリン
・ピアノorシンセ?
・ファゴットorオーボエorピアニカ
・オーボエorソプラノサックスorクラリネットorバスクラリネット
・ベース
・ドラムス

 の構成。(1行につき1人)。

満席で、ステージはちょっと頭を動かさないと見えない状態。
クラリネットなどいくつかの木管を持ち替えている人がいて
途中でソプラノサックスかなあと思って何となく見たら、
バスクラリネットが。

またまた。近眼だからきっと別のよく似た楽器に違いない。

でも時々低音を響いていてやっぱりバスクラだった。
吹いたことはあるけど高音だすの大変なはずなのに
とても自然でテクニカルな感じで
あんなのきいたことない。よいものを見た。


久々に吉祥寺に行ったので、ヨドバシとロフトへ行った。
別に吉祥寺じゃなくてもある店だな。
でも陳列が渋谷や横浜とは違うからやっぱり楽しい。
| 音楽 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
フジロック
 2010/07/30のみ、フジロックへ行ってきたので、レビューというほどではないが、日記を書いておかねば。

ロックフェスは実はサマソニ2箇所とライジングサンしか行ったことなかったのだが、ライジングサンの経験が役に立った。

・わかったこと
雨対策と、折りたたみ椅子必須。
雨対策は長靴、もしくはゴアテックスの完全防水のトレッキングシューズを履くこと。
ずっと雨が降ってたし、ぬかるみにもズブズブ入ったのに靴下に全くしみていなかった。
私の靴はただの防水加工だったのでしみた。
折りたたみ椅子もアウトドアショップでそこそこいいのを買うといいかも。
ひじかけのあるものを利用している人も意外と多かった。
持ち歩きが大変なので、100円ショップのより2周りくらい大きめのを選びたい。

音楽の話。
といっても、今回の目的はオレンジコート最後のMAGMAのみだったので、
そのほかは適当に出会ったら聞いていた感じ。

MAGMAはすばらしかった。
4月ごろからチケットを意識して行くことに決めていたのだが
実はMAGMAのメンバー関連のバンドや、メンバーのソロも2日目にあることを忘れており
見られず残念。

!!! は聴いてる人の90%以上踊ってたので、すげえと思った。

アトムスも気になったが3日目。既に私は家にいたので聴けず。
トムヨークはイレイザーとそのリミックス版しか聞いてないけどそれがとても好きだ。
ほかにいない不思議な声だし。


| 音楽 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
RSR 2008
RSR 2008
http://rsr.wess.co.jp/2008/index.html


■1日目
ホテルに前泊し、朝早く友人宅に荷物を置かせてもらってから出発。
開場は11時であるが人がたくさん来るので会場には8時過ぎに到着。
北海道の夜の気温をなめた格好で行ったら死の宣告をうけた。
あとでガイドをみると朝方などは10度もないくらいらしい。
昨年いったいなにを学んだのだろう。恐れおののきながら会場へ。

以下開場後

1日目はとにかく雨がすごかったのでカッパですごした。カッパという衣料のすばらしさを実感。傘をささなくても濡れないなんてすごい服だ。靴はめちゃくちゃになったが。


・エマーソン北村
を見ようとしたら会場を間違えており、しかも間違えたことに気付かず1時間半も最前列で待っていてテスト演奏を延々と聴いていた。自分が場所を間違えたとはつゆほども思わず、あれはテスト演奏ではなくて本番だったのだと解釈し、翌日まで気がつかなかった。人に迷惑をかけていないので良いが、ひどい話だと思う。

・オフィシャルグッズ売り場/イベントスペース
タワレコのタオルをもらった。
オフィシャルグッズ売り場に30分ほど並び、寒さ対策にパーカを購入。本当は黒が欲しかったがグレーも悪くない。
今回はバッジのガシャポンは欲しいのがなくてやらず。

・東京事変
着物の椎名林檎がかわいかった。拡声器で歌っているのもよかったな。
あの髪型をまねすることはできない。

・電気グルーヴ
一応見ておこう的なテンションで参加したら非常におもしろかった。
まりんも出たし。
CDよりもライブで聴くのが良いと思った。

・山下洋輔 ニューカルテット
時間も夜遅くてREDのステージが映えてとてもよかった。ピアノ寄りの3列目くらいで見ることができたのだが、山下洋輔のピアノの弾き方がすごくて指がみえんかった。


■2日目

2日目はカラリと晴れていて、やはりこうでなくては・・と思った。
ぬかるみもほとんどなくなり、地面に座ることもできて快適。

・怒髪天
入場ゲートを入るとちょうど始まるところだった。ふんどしの男たちがぞろぞろ出てきて神輿がやってきたところをみて全部みた気になった。
2曲くらいみて移動。
道を行く人も「あれは何事だ」と足をとめていた。

・エマーソン北村
怒髪天とのギャップがよかった。まったりのんびり。

・B∞REDOMS
ごはんを食べながら後ろのほうで座ってみていた。
これは電気グルーヴとは逆にCDでヘッドホンで聞きたいなと思いつつ立ち上がってみたらトリプルドラムで腰を抜かした。ひー3人も叩いてる!
MC?がほとんど奇声で全くききとれず。

・ゴンチチ
また先にみたアーティストとすごいギャップを感じた。
動→静→動→静である。
日差しはこのとき一番きびしかったがゆっくりできてよかった。

・BEAT CRUSADERS
最後の2曲くらい聴けた。かっこいいのう。

・Yuji Ohno&Lupantic Five
次元のテーマなど色々知ってるものが聴けた。

・Mr.Children
あんまり知ってる曲がなかった。ビッグネームなのでやたら人がいて終わったあと混雑がものすごかった。

・クレイジーケンバンド
何かの曲のせいでもう少し3枚目なイメージでいたのだが思っていたよりずっと格好よかった。

・te'
ねむくなって帰ろうと思った瞬間にはじまって、かっこよかったので2曲くらいきいてテントに戻った。

その後数時間テントで寝て

・東京スカパラダイスオーケストラ
これで起きた。朝日は少し前にのぼりきったようで見られず。

当初思っていたよりたくさんきくことができた。
ベストアクトは山下洋輔かなあ。

食べ物は色々でていたが今回そんなに沢山食べていない。タコライスは悪くなかった。黒とんこつラーメンは細麺でとてもおいしかった。スコーンもみっしりしてて食べ応えがあった。
昨年はトイレにすごく並んだのだが今回は対策したらしくて、ぜんぜん並ばずにすんだ。すばらしい準備。影の功労者としてトイレステージとよばれるのにふさわしかったと思う。

追記があったら書くけれどとりあえずおしまい。
おもしろかったなあ。
| 音楽 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
メモ:NIN新作
http://ghosts.nin.com/

わーいわーい

今度は最初の数曲はタダだけど全曲DLするには金がいる。それでいいと思う。

前半感想

音数が減り描線のへっていったピカソみたいになってきた。
ぱっと聞くとそのへんの環境音楽のようだ。
前半これだけシンプルだと後半に秘密があるんじゃないかと思ってしまう。
もちろん後半までこのままいっても流しておくのにちょうどよい感じになっている。
| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
しょんぼりされた
NIN、無料でダウンロードするファンの多さに落胆
http://www.barks.jp/news/?id=1000036882&m=all

ごめんよトレント、ただでDLしてしまったよ。
でもおかげでソウルウィリアムスも面白いなと思ったよ。


| 音楽 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
RSR2日目
前日に体力を使い果たしたのと途中で帰ったので、まったりと散歩をしたり、イベントスペースで遊んだりNGOのゴミ分別イベントをやってタオルをもらったりしながらすごしました。

●10-FEET
ちらっと聞いた。CDをかりてみようかとおもった。

●LA-PPISCH
レピッシュはじゃんじゃん売れている頃にまったく聞いたことがなかったが、かっこいいね。ヒット曲を出したアーティストのオーラがあった。

●ASIAN KUNG-FU GENERATION
人がすごかった。アジカンはよくしらないが心地よいとおもう。

●浅井健一
この日一番ききたかったが途中で帰る。シャトルバスのところまで聞こえてきて、6〜7曲きくことができた。
原爆とミルクシェイク、Green Jerryは好きなのでうれしかった。

---------------
おわりだけどつづく

大音量だとなんでもかっこよく聞こえる自分はどうかとおもう。
ドラムがでかくてドスドス言ってて、特に低音がよく響いていればなんでもいいのかもしれない。
| 音楽 | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホルモンブートキャンプ(別名RSR)
●マキシマムザホルモン

うっかり最前列にいったらすごいことになった。
髪が風呂上りのように濡れそぼちTシャツ透け透けになった。
人間は50分間飛び跳ね続けるとあれだけ汗をかくのだと知った。
会場をでるときに「ホルモンこええ。いかなくてよかった」という声がきこえてレジャーシートに戻ると
「ゆでだこのようだ」とか「ぼろ雑巾のようだ」とかいわれた。私が原因だったらしい。そういえば視線を感じたきもする。

MC
「最後の曲です!」「エー!!」「うるせーー!」

曲は聴くどころでなかったのでよくおぼえていないがいいバンドだとおもった。


● BEAT CRUSADERS
ライブではいつも顔出しなのを知らなかった。
MCがおやじくさいのうと思ったら本当におやじだったので親しみを感じた。

●井上陽水
何気に好き。聞き入ってしまった。
その辺の人もみんな足をとめてきいていた。天才だ。感動した。
少年時代とか夢の中へとか氷の世界とか傘がないとか、ホテルリバーサイドなど よく知ってる曲をたくさんやってくれた。

●8otto(オットー)
要チェック。

●ELLEGARDEN
お、いいじゃんさらにラウドっぽくなってる!と思った。
しかし300mくらい離れてもがんがん聞こえてたので物理的にラウドだったのかもしれない。

●BUCK-TICK
思いがけず前から2列目のあっちゃんの目の前。
作り物みたいだ。
プロ。かっこよすぎ。目が合っただけで妊娠するといううわさは伊達ではない。
ダンス系というかデジロックナンバーが軒をつらねていて
あっちゃんもご機嫌で、すごくいいライブだったんじゃないだろうか。

--------
つづく



| 音楽 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |